ラ・ラ・ランドでわかるチャレンジする事の大切さ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

アカデミー賞大本命とも言われ話題にもなっていた

「LA LA LAND」

ようやく時間を確保できたので見てきました。

アカデミー賞は逃しましたが、良い作品に仕上がっていたと思います。

内容を書いてしまうとネタバレになってしまうので、あまり書きたくはないのですが

これってアフィリエイトにも通じている部分があるんだよな。

きっと〇〇な人達はこうなるべきなんだろうな。

そんな事を思ったので少し書きます。

幾分かネタバレになってしまう可能性があるので

少しでもネタバレは読みたくない!

そんな人は別ページへ避難して下さい。

ネタバレ回避で他の所へニゲル

スポンサーリンク
レフタリング大

見逃さない為の姿勢

しばらく前から、映画は映画館でじっくり見るようにしています。

作った人達の想い、感じてほしい事、伝えたい事

それをしっかりと受け取りたいからです。

もちろん臨場感を味わいたいのもありますが

・何かを伝える時は「相手」も聴く姿勢にしないといけない

これが目に見えない商品を売る時に必要になるスキルです

いくら話しかけても相手に伝わらない事はありませんか?

こんなに一生懸命に伝えているのに話を聞いてくれない。

そう思った事はありませんか?

伝える文章や話し方に問題のある人は、そう多くはないでしょう。

下手な口調でも、しっかり話せば伝わるものです。

なぜ伝わらないのか?

子供は話す事が上手でしょうか?

子供がヘタクソな話しをした時は誰も理解できないでしょうか?

言葉につまったら終わりですか?

そんな事ないですよね。

子供でも伝えられる事

保育所、幼稚園、小学生

まだまだ小さい子供でも、しっかりと親に伝える事は出来ます。

発音が悪くても、言葉がおかしくても、要領を得なくても

親にはしっかりと伝わりますよね。

何故だと思いますか?

  • 親だから?
  • 相手が慣れているから?
  • 当たり前の事だから?

どれも正解で、どれもハズレです。

子供が話を聞いて欲しくて真剣に向き合っている時

目をそらしますか?

他の事をしますか?

耳をふさぎますか?

そんな事しないですよね

目と目を合わせて、しっかり声を聴こうとするはずです。

何を伝えたいのか、何を話したいのか、どんな答えが欲しいのか

親は普段意識をしていなくても自然とそうなっている事が多いと思いますよ。

相手が「話を聴く体制になっている」これが重要です。

聞きたくない話は理解できません。

右から左に流します。

街角のティッシュ配りと一緒です。

何言っているか聞いてます?聞いてないですよね?

取りあえずティッシュ出されたから受け取るだけじゃないですか?

聞きたくない事は何を言われても響きません

聴かせるにはどうしたらいいでしょうか

相手から自主的に「聴く体制」になってもらうには?

聴く体制を作るには

すごく簡単な事ですよ。

興味のある事、好きな事、聴かないと損になる事。

相手にとって有益な情報であれば勝手に聴く体制になります。

今回の、映画館に行く私がそうです。

この映画をしっかり見たいから

わざわざ映画館に足を運んで見るんです

例えばアフィリエイトをしていて

  • クリック数が足りない
  • アクセスが足りない
  • CTRが伸びない

成果が伸び悩む時ですね。

そんな時に、広告を増やしたり、売り込みばかりして

余計に悪くなった事はないですか?

人は押し付けられると「拒む」傾向が強いです。

誰でも押し付けられる事に良い思い出はありませんからね。

こちらからの押し売りはNGです。

営業力で商品を売ったと思っている人。

もしかしたら、必要のない人に「売りつけた」だけかもしれませんよ。

後からの、クレームの種となり、いつか芽吹くかもしれません。

そうならない為に、欲しい人に欲しい物を渡せばいいんです。

「押し売り」でも絶対にイラナイ物は買いませんよね?

なら、しっかりとメリットを伝えてあげましょう。

もちろんデメリットも合わせて伝えれば効果的です。

地道な作業が、盛大な成果になるのがアフィリエイトですよ。

さて、そろそろ「LA LA LAND」のネタバレを気にする人も居なくなりましたかね?

少し中身に触れてしまうかもしれませんので、嫌な人は

ネタバレ回避で他の所へニゲル

どうぞ。

二人の夢

二人が望む夢は、誰しも一度は望んだ事がある「夢」なのかもしれない。

それを諦めずに続ける事は滑稽な事なのだろうか。

地道な活動に精を出し

望まぬ事に手を出し

それでも夢をあきらめない事はイケナイ事なのだろうか。

しかし

進む道が間違っていた可能性はないのだろうか。

スキルもある

知識もある

でも結果が出ない

それは

ノウハウコレクター

二人ともがノウハウコレクターだったという可能性。

自分の中にある知識をフルに生かせば成功への道はある。

しかし、手法が、方法が、道筋がわからない。

迷い、さまよい、見失う。

ノウハウコレクターにありがちな事だ。

知識をいくらためこんでも成功までの道がみえない

スキルは高くても生かし方がわからない

パッと見よさそうなのに何かが違う

完全にノウハウコレクターだ。

アフィリエイトの世界であれば

師匠を見つけなさい

そう言われてしまう。

しかし、二人に師匠はいただろうか・・・

二人の人生にとっては「長い人生の中の1ページ」にすぎない

それでも、そこを切り取って140分の映画にするだけの

密度はたしかにあった

人生の中で一番濃い時間だったかもしれない。

散々悩んで、悔やんで、失敗して

それでも諦めないからこそ成功を掴むのではないだろうか。

ノウハウは自分の中にある

全ては自分の中にあった。

いや、誰しもが知っていて、持っている知識

そう言った方が正しいかもしれない。

情報教材を買って読んでみる時

今年からの新手法!というメルマガに登録する時

新しい手法で稼ぐ方法を調べる時

全部が新情報なのだろうか?

既存の知識に「少しだけの気づき」を足した資料になっていないだろうか。

  • 新情報
  • まったく新しい手法
  • 業界初の画期的技術

文字にすると目新しいかもしれないが

中身は既存知識の応用

になっている。

となれば自分の中だけで成功まで導く事も可能ではないだろうか

それを体現したのが映画の二人なのかもしないとも思うが

問題はかけた年月ではないだろうか

何年後の成功を夢見るのか

今すぐ成功へまっすぐに進みたいのか

例え何年かかろうとも成功まで諦めたくないのか

人それぞれ成功までに使える時間は限られていると思う。

半年以内に成功しないといけない人

10年後までに成功すればいい人

完全に趣味だから失敗でもいい人

半年以内や、1年内に「どうにかしたい」そんな人が多いのではないだろうか。

10年先や20年先まで気長に待っている人は少ないと思う。

そんな人は既に一定の成功を収めているはずだしね。

いくらノウハウが自分の中にあっても

成功まで何年もかけていられない

これが本音ではないだろうか。

だからこそ、キャッチコピーだけの商材につかまったり

高額塾に加入してしまう。

もしかしたら、「アタリ」の商材や塾を見つけるかもしれない。

しかし、切羽詰っているアナタは冷静な判断を出来ているだろうか。

夢はかなえるもの

映画の中で、叶えた夢はいくつかあった。

心から賞賛を送れる結果もあれば

涙をこらえきれなくなる瞬間もあった

少なくとも私は映画の結果に満足している。

違う結果になっていたら

もし i f の世界があったら

そんな事も映画を見るだけなら自由だからだ。

しかし、アフィリエイトに置き換えるとどうだろうか。

映画の様に終わりが来るのが、いつになるだろうか。

きっと収益が安定し、自動化をして、不労収入の状態になってからではないだろうか。

今は何の作業してますか?

目標と夢

この二つがごちゃまぜになってしまい

迷走してはいないだろうか

そんな時は振り返ってみて欲しい

過去の自分が何をしたかったのか

どんな想いで自分が動いているのかを。

夢は「自由」

手段は「稼ぐ」

この二つを「目標」にして私は生きている

映画の様にエンドロールを流すのは

何も作業しなくなる瞬間かもしれない

その時までカタカタとPCを触り続ける事だろう。

もしかしたら、ずっとカタカタしていてエンドロールが流れないかもしない。

それはそれで面白い!w

アナタはどうだろうか。

アフィリエイトで稼ぐ事ができているだろうか?

夢に向かって進めているだろうか?

目標を間違えていないだろうか?

ノウハウコレクターで意地になっていませんか?

なんでもチャレンジしてみる事。

自分の知識の中で行える手法があるなら試してみる事。

失敗する事を恐れない人が

次のステージに行けます

失敗を恐れずにチャレンジしてみるのが成功の秘訣だと思いますよ。

最後に

今頑張っている人

これから頑張る人

誰かを応援している人

音楽が好きな人

荒城の月を知っている人

そんな人達は、今回の映画を見に行っても良いと思う。

ただし、恋愛について否定的な考えを持っている人はやめといた方がいい。

今回の映画を見て思いだした本がある。



この本を出した時点でアレなのかもしれないが

本気で泣いた

泣いたけど、次の目標に向かってがんばる勇気をもらった

上の画像リンクは楽天になっている

気になる人はクリックして、下にスクロールすると「シリーズ一覧」として全巻出てくる。

今では電子書籍となって手軽に読めるが

やっぱり本で読むのが一番しっくりくる。

ちなみに全7巻です。

原秀則先生の作品は波長が合うのか、本当に大好き。

LA LA LAND を見た後に

部屋においでよ をいっき読みしてまい

号泣の上に土日のブログ更新が止まったのは言うまでもない。

くれぐれも読むタイミングにはご注意を。

スポンサーリンク
レフタリング大
レフタリング大
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. アキモト より:

    アキモトです。
    ラ・ラ・ランド見たくなってしましました。
    最近映画は、娘を連れて子供向けのものしか見てなかったので、
    これを機に見に行ってみようと思います。

    ・相手を聞く姿勢にする。
    ・自分の中だけで成功導く事が出来る。

    心に残りました。応援します。
    また、よらせていただきます。

  2. aki より:

    アキモトさん

    応援ありがとうございます!
    映画は子供連れだと見れるの制限されちゃいますよね。
    何でもない事でも深く考えてみると新しい発見があるので
    楽しいですよ!