介護保険が改悪!?今後の保険料増加対策と改正に負けない方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

介護保険の改正が進んでいる。

介護保険料の増加で家計の圧迫を感じている家庭が年々増加傾向にあるんですね。

国の介護保険制度自体が40歳からの加入になっていることを知っている人は、アラフォー以上の人々でしょう。

30代以下の人は、対面の火事のように「まだまだ先の事だから」と他人事になっています。

現在、介護保険料を支払っている人は「保険料が高い」と思っている人が多数を占めています。

これは 『 健康保険料 + 介護保険料 』となるために単純に2倍以上の出費のように感じてしまうからなんですね。

20代や30代で「介護保険料」について心配をしている人は、「意識高い系」の人たちでしょう。

自分の今後や、将来について深く考えていく際には、避けて通れない問題ですからね。

この「介護保険制度」が平成29年度で改正になっている。

細かな制度単位では、来年以降に実施される部分があるが、早い制度の施行はすでに開始されている。

「今月分の介護保険料負担が増加する」と案内を受けたサラリーマンも多いことだろう。

まだ通知を受けていない方は、給料明細にはしっかりと「負担増加」して明記されているはずのなので、給料日には明細をしっかりとチェックしておこう。

介護保険制度に関する厚生労働省が提示している資料はコレ

【2017年】介護保険制度改正Ⅰ 自立支援・重度化防止に向けた保険者機能の強化等の取り組みの推進

Ⅱ 医療・介護の連携の推進等

Ⅲ 地域共生社会の実現に向けた取り組みの推進等

Ⅳ 2割負担者のうち特に所得の高い層の負担割合を3割とする

Ⅴ 介護納付金への総報酬割の導入

⇒ 厚生労働省:介護保険制度の概要

スポンサーリンク

介護保険制度の改正で、どんな負担増になる?

一般的に「制度の改正」は、現行の制度では収支が追い付かない事によって収支改善のために「改正」となる事が多いですよね。

介護保険も、財源を圧迫しすぎている制度の1つですので、年々増加する保険料だけじゃ制度の維持が厳しくなるから「改正」となっているんです。

直近で影響を受けるのは

給料や報酬が多い人ほど「保険料が増加」するんです。

自分の給料が「安いから関係ない」って思ったら間違いですよ?

給料や報酬に「比例」して負担が増加していく仕組みになるんです。

年収が少し増えた!と喜んでいたのもつかの間。

介護保険料増加の未来が訪れます。

大企業や公務員の負担増は顕著に進みます。

その代わりに中小企業は、いくばくかの負担軽減措置がはかられています。

どのくらいの負担増?

引用:http://www.mhlw.go.jp/file/06-Seisakujouhou-12300000-Roukenkyoku/k2017.pdf

負担増の規模は、組合ごとの規模で負担の割合が変わってくるんですね。

これは、大規模な健保組合で平均年収が高いほど顕著に保険料が増加します。

「大企業に入社すれば安心」と思っていたはずが、保険料の負担増になっているんですね。

平均年収が800万を超えてくると、月額保険料が ”倍” になってくるイメージです。

もちろん、加入している健保組合の規模によっては、数百円の増加ですむ所もあるでしょう。

詳しくは、自分の加入している健保組合に確認をとるのが確実です。

「介護保険の抑制」それって保険が使えないってこと!?

保険料負担の増加ばかりが大きく見出しを占拠するようになっていますが、本当に怖いのは「使えない可能性のある保険に払ってる」ことじゃないですか?

年金なら65歳以降になればもらえる。

健康保険なら、病院で治療してもらえば3割負担ですむ。

でも、介護保険はどうです?

要介護認定を受けていれば別ですが、健康な生活を送っていると使う機会は70代?80代?あたりですか。

認知症やアルツハイマーなどの疾患によって介護施設を利用してから、ようやく介護保険を使えるようになる人が多いのではないでしょうか。

自治体ごとの要介護認定を改善するとインセンティブ

あれ?なんかおかしい?

なんとなくそんなことを思う人もいるはずです。

一見すると「国」の制度のように思われがちですが、介護保険の「要介護認定」は『各自治体』にに任せられているんです!

人口が多く、財政に問題のない自治体は認定が甘くなります。

逆に財政が厳しい自治体では、認定が厳しくなっていくんですね。

これに対して『 要介護認定率を改善、もしくは長期間維持 』させた自治体に財政支援をしてくれるんです。

今まで、簡単に要介護認定を受けていた人が「要介護」ではなくなり「要支援」に格下げされるケースも増えてくると思われます。

介護認定が「ゆるい」ってホント?

「これから」介護認定が厳しくなっていきますが、「今まで」の介護認定がどうだったのか知っている人は少ないと思います。

簡単!介護認定までの道のり1、介護対象者の住んでいる自治体へ「申請」

2、自治体担当者と「面談」

3、介護認定決定!

どうです?主要な項目だけをあげると簡単に見えてくるでしょ?

しかも、自治体の担当者ですので公務員の方々です。

傾向と対策をしておくと「なんとかなる」ケースが多かったんですね。

(介護認定は、要介護2までなら比較的楽に認定されるって保険会社の人も言ってましたね)

もちろん、面談をする前にケアマネジャーと今後のプランを練ったり、使用可能な介護施設を探したりと、大変な事も数多くあります。

保険料の差し押さえがある

厚生労働省の調査で、介護保険料を滞納してしまい資産の差し押さえになっている人口が判明している。

市町村からの差し押さえ処分を受けているのは65歳以上の高齢者が主だったものになっているが「年金だけで生活できない」層の人達に多い。

65歳までは、仕事があって毎月の収入があるために生活ができたが、年金生活になってしまうと、振り込みは2か月に1回だ。

今までの生活と勝手が変わってしまい資産を減らしてしまう。

そして、後から税金面の負担が大きいことに気が付き貯金を切り崩してしまうんだよね。

以前から「年金だけで生活は厳しい」と言われているが、年々減り続けている年金だけの生活は極貧生活へ足を突っ込んでいくようなものなので、かなり厳しいことになる。

ポイント1、公的年金からの天引き

2、自治体への直接納付からの差し押さえ

3、月額5000円を超えると低年金者の限界を超える

高齢者の介護保険料は、公的年金からの天引きでの納付が原則になっている。

けれども、年間受給額が一定未満の場合は自治体への直接納付になるんだよね。

年間18万を切るような場合には、特に注意が必要になってくる。

また、高齢者の支払う保険料が増加していることも「差し押さえ」の一員になっている。

少ない年金中から数千円でも引かれる事は、致命傷になってしまう老人家庭もある。

月額5000円程度で推移しているが、今後は年々増加の一途をたどり月額8000円を超えてくる。

間違いなく、滞納者からの資産差し押さえが増えてくる事は予想に難くない上に、既に1万3000人を突破している差し押さえ処分者がドコまで増加してしまうのか恐ろしいところだ。

「介護は自助努力」は身近に迫っている

介護は自分で準備しなければいけない時代がすぐソコまで迫ってきている。

いつまでも「国」の介護保険制度を当てにしていても、財政改善のために要介護認定が厳しくなり、保険料負担や、受けられる給付の割合も下がってきている。

特に事前から「老後の準備」をしてきた人にはツライ事になっている。

中途半端に年収があるために、保険料が現役世代並みになってしまい、想定していた費用が1.5倍にも膨らんでしまうからだ。

中流層の多い日本では、どうしても老後の準備をしようとすると「税金の壁」や「収入の限界」に直面してしまう。

効率的な資産運用は、これからの世代には間違いなく必須のスキルになってくる。

併せて、自分ひとりで「稼ぐ」手段も準備しておくことが重要になってきている。

周りの人がしていないから自分は大丈夫と思っているなら、周りの人と同じように悲惨な老後を迎える可能性は否定できない。

どんな場面でも対処ができるように、資産の分散化はもちろんだが、「稼ぐ手段」も複数持っておくことが快適な老後を送る上で必要ふかけつになっているんじゃないだろうか。

例えば情報収集

お金や資産に関して詳しい情報を解説くれる書籍を読むのも良い。

代表的な本は「週刊ダイヤモンド」のようにリアルタイムで複数の情報をランキング形式で教えてくれる本だ。

民間保険の比較や対策もあるために、一度は読んでおきたい本になっている。

また自治体別の介護のレベルや内容のリストもついている合併号が発売されているのでチェックしておきたい。

週刊ダイヤモンド 2017年 8/12・8/19合併号 [雑誌](制度改悪に備える家族の介護)

価格:739円
(2017/8/7 12:28時点)


保険の無料相談でファイナンシャルプランナーに聞く

保険のプランナー(営業マン)には、ファイナンシャルプランナーの資格をもっている人間も多い。

これは家庭の収支改善や資産運用まで踏み込んだ話をしていくからこそ求められるスキルになっている。

筆者も、保険に携わっていた時には「ファイナンシャルプランナーの〇〇です!」と挨拶をしていた。

金融・資産に関してのリアルタイムの情報を引き出すには「保険の無料相談」が一番オススメになる。

以前に保険業に携わっていたからこそオススメする無料アドバイザーのサイトを3つ厳選する。

1、みんなの生命保険アドバイザー

全国でのレスポンスの良い対応をしてくれるから人気の高い保険の無料診断予約サイトになる。

全国各地の提携している有力なプランナーからの話を聞くならココしかないだろう。

みんなの生命保険アドバイザーへの予約はココから

2、保険相談Navi

既に加入している人、これから新規で加入を考えている人向けのサービスになるので、保険の知識も吸収したいひとにはうってつけの所だ。

特徴として「超優秀なFP」が対応することでも有名だよね。

厳選されたレベルの高いFPを求めているならココだろう。

 
保険相談Naviへの予約はココから

3、保険マンモス

対応地域に若干の難があるが、レベルの高いFPを抱えているサービスです。

各県の主要都市なら問題ないが、郊外になってくると対応が怪しくなってくるので、中心部に訪問可能な人向けになる。

 
保険マンモスへの予約はココから

相談しなくても一人でヤル人は

金融知識豊富なFPの話を聞かなくても、ひとりで資産運用が可能なひとならFXをオススメしている。

レバレッジをかけていくことで、手持ちの資金の数十倍もの速さで取引が可能になる。

その上、日々FXを続けていけば「市場への目」を養う事にもつながり、株や仮想通貨取引にも生かせるスキルを身に着けることができる。

というか、今後の資産運用を考えることに置いては「取引」に関しての基本的な事は知っておいた方がいい。

FXは初心者でも比較的手を出しやすい市場になっているし、慎重に行えばリスクも低くすることは可能だ。

口座作成までしてツールをダウンロードするだけでも、情報量は多く手に入るのでオススメになる。

 
FX初心者から上級者、幅広く選ばれているDMMFX

稼ぐ手段と資産運用

国の制度改正で、毎回のようにショックを受けている人が多いけれど、自分で稼ぐ手段を知っていて資産運用が出来れば怖いことなんてない。

税金が少したかくなっても、保険料が増加しても、給付金が下がっても、対応していく事が可能だからなんだ。

だからこそ、サラリーマンでもできる副業をオススメしているし、時間のない人は「知識の多いFP」から情報をもらえばいい。

何もしなければ、周りが気が付くまで置いて行かれてしまうけど、自分から動いていけば「先行有利」な状況に持っていく事も可能なんだよね。

資産運用や、自力で稼ぐことは、一定レベルになるまでに「時間」がかかる。

だからこそ、早めにスタートを切っておいた方がいいし、情報はリアルタイムでインプットしてほしいね。

金融・資産運用・稼ぐこと、この情報の重要度はしている人にしかわからない。

知らない事が幸せ。なんてよく言ったものだよ。

金融業に身を置いていた者からの忠告としては

「動けるうちに動いておけ、結果の修正は時間があれば可能だから」

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする