猫の爪とぎを自作してみた!ダンボールで作る詰めるだけ!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

猫の爪とぎって消耗品なんですよね。

毎日「バリバリバリバリ・・・」

ネコのために!と思って購入したペットタワーにも「爪とぎ」は付いていますが瞬殺でした。
1ヶ月持たずにこのありさま。

もう高いのなんて買ってあげないっ!

そう思っちゃいますよね。

今回は、手軽にカッターも使わないでサクサクできちゃう「猫の爪とぎ」を考案してみました!
必要なのはダンボールだけ!

それがコチラ!

ダンボールしか使っていないのに

こんなにステキな(?)猫の爪とぎの完成です!

意外とピッタリ収まって見た目もキレイなんです。

どうです?欲しくなりませんか?

スポンサーリンク

簡単、猫の爪とぎをダンボールで作る方法

必要なのは「ダンボール」!以上!

しかも、箱に詰め込んで放置するだけでネコが勝手によってきます。

またたびなんていりません。

ソコにダンボールがあって、爪がとげればいいんです!

準備するもの1、中くらいのダンボール(箱型)1個

2、会社で使ってそうな「ダンボール組仕切り」100枚

この2つだけで簡単に作れちゃいます。

間仕切り用ダンボールってなに?

こんな感じの、山がいっぱいあるヤツです。

谷のように切り込みが入っているので、組み合わせるとこうなります。

谷の切り目同士を組み合わせると、箱の中を仕切る壁になってくれるアレです。

ワイン箱の間仕切りで入っていたり、郵送されるときのダンボール緩衝材として使われてるヤツです。

通販をする人なら、たまに見かけるヤツですね。

同じ方向に重ねていくと、こんな感じになります。

爪とぎに見えなくもない(?)ですよね。

たまに通販で届くコレを貯めておいて使うのです!

※今回は、会社から大量にもらってきたのは内緒です。

購入しようと思い「ダンボール組仕切り」で探しましたが、見つかりませんでした。箱とセットで販売はあるものの・・・。

ダンボールの箱に、組仕切りを詰め込もう!(完成)

ダンボール組仕切りと言うだけあって、ピッタリサイズでダンボールに収まりました。

100枚ほどダンボール箱に入れたところで満杯に。

あまりギチギチに詰め込みすぎるとスキマがなくて猫が爪といでくれなくなるので、多少余裕が残る感じにしました。

またたびも無いのに勝手によってきます。

そしてバリバリ。

手の動きが高速すぎて写真に撮れません!

ブレまくりです><

ダンボール組仕切りが売ってないので板ダンボールで価格検証

我が家の猫に大人気となった「組仕切りダンボール爪とぎ」ですが、早くもボロボロにされています。

3日もたつと傷跡がチラホラと・・・。

ですので、「ダンボール組仕切り」を購入して2個目を作ろう!と思い立ちました。

ネットで検索すれば、すぐに見つかると思ってましたが、甘かったようです。

さっぱり見つかりません。

ダンボール(箱)の販売や、オークション用のダンボールセット、板ダンボールはすぐに見つけることができましたが、「ダンボール組仕切り」が見つかりません。

それだけ注文する人っていないんでしょね・・・。

ただの緩衝材ですし。

価格が不明なため、しかたなく「板ダンボール」で100枚購入するといくらになるのか・・・

3000円!?そんなにするの!?

思った以上に高い。てっきり500円くらいでいけると思ってただけにショックが大きいです。

これなら普通の爪とぎ買っても値段が大差ない!

だってほら、安いヤツならこんなもんだよ?

《当店イチオシ★!!》猫の爪とぎ 1箱20個入り またたび付き 猫 爪研ぎ つめとぎ 日本製 国産 ダンボール 段ボール まとめ買い マタタビ 箱売り 箱詰め 大容量 多頭飼い 複数飼い ストック ペット用品 猫用品 [PC]【D】

価格:980円
(2017/12/13 11:40時点)
感想(132件)

うーん。悩ましい。

自分で作った爪とぎで遊んでくれる愛猫は可愛いけど、自分で作ったら値段高いとか意味ないし、買った方がいいかもね。


ダンボールで作るなら、ダンボール切った方が節約になる

ちょっとでも節約になれば・・・!と思い今回の「ダンボール組仕切り爪とぎ」を作りましたが、購入して組み立てようとすると費用が高い!

節約!って考えるなら、ダンボール(箱)を貯めておいてから、箱の大きさに合わせて切りそろえた方が遥かに安いです。

もしも、ダンボールで自作の「猫の爪とぎ」を作ろうと思うなら

買ったダンボールじゃなくて、貯めたダンボールを使っていきましょうね!


スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする