ブログで月5万稼ぐまでに実行した全ての事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ブログだけで稼ぐことって「難しい」と思いますか?

それとも「簡単」?

この質問って、意見がぱっくり割れるんですよ。

あれや、あれやとブログのPV数を伸ばせた人は「簡単」って言います。

でも、そんな人はほんの一握り。

めったにいませんし、ブログで稼いでる人の大半は「大変」って感情の方が強いんじゃないかな。

特にブログを始めようと!ワクテカしてる頃なんて調べることは多いし、1記事書くのに3時間とか4時間もかかって2000文字の記事しか書けない事もありました。

自分でも、これだけ頑張って、1日に1記事か・・・。なんて思うこともありましたね。

この状態の時って、アクセスなんてろくにありません。

たまたま「はてブ」でPVが増えて、1日のアクセス数が50人あっただけで浮かれていたりもしました。

最初の1か月の頃なんて1~2PVが続いていた状態でしたら、50人来ただけで、サーチコンソールのグラフも急激なノビを見せて

「そのまま右肩上がりでのぼれぇぇぇ!」

淡い期待を頂いたこともあります。

まぁ、次の日には「いつものアクセス数」なんですけどね。

そんな星の数ほどあるダメブログの1つだった、このブログも気が付けば万単位のPV数を確保できるまでに成長してくれました。

アドセンスのクリック数を見る楽しみも、ASPの報酬画面を見る楽しみもあるってステキな事です。

ブログで月に5万稼ぐのは「難しいこと」じゃありません。

でも、「簡単なこと」じゃないんですよ。

一言でいえば「大変なこと」です。

適当な記事を更新していても稼げないし、自分の知識を自慢するだけでもダメ。

読者の「読みたい」「ついつい読んでしまう」「読まなきゃいけない」そんな気持ちにさせる記事を書いていかないといけないんですよね。

スポンサーリンク

ブログで報酬を得るまでにやったこと

ブログを書く時に、大事にしていることは「読んでいる人に伝えること」を一番大事にしています。

「文章を書く」ことじゃなくて、「文章で会話をする」イメージって言えば伝わりやすいかな?

教科書みたいに、大事な事を説明するだけじゃ読んでもらえないし、感情的に訴えるだけじゃウザイだけの文章の出来上がりです。

そんな文章は私は読みたくない!

私が読みたいのは、続きが気になる文章。

その先に、何が書いてあるか「予測」は出来ても「答え」を当てることが出来ない文章です。

だって、クイズでもそうでしょ?

ヒントが出る前に答えられる問題よりも、ヒントを出してもらってから答えられる問題の方が興味はわく。

ブログの記事だって同じだと思うんだよね。

次の見出しでワクワクさせる事ができて、文章を読みたくなるけど「答え」が判明しないように書いていく。

書いてる時は、めちゃくちゃニヤニヤしてますよ。

これって、きっと違う事思うだろうなぁ。

でも、真実はこっちなんだなぁ(腹黒)

そんな文章を書けていると妄想している akiyo がブログで書いてきたことを「失敗例」も含めて書いていくので、反面教師に使ってください。

ブログで稼げないとかウソだろ・・・?

正直にいえば、ブログって簡単に稼げるもんだと思ってたりしました。

特化サイトとかでアフィリエイトやってるとアクセス数が少なくてもCVあるんだもん。

ブロガーの人達がいうPV数までいかなくても余裕かな?って甘いことを考えていた時期にやっていたことです。

手法はまちがっちゃいない。

でも、根本的な所が「足りなかった」んだよね。

バランスよく色んな技術を使っていく事でPV数もCVもあがるんだと考えさせられた時期でもあります。

1、バラバラのジャンルでASP広告記事作成

今思えば「何やってんだろコイツ?」と、自分でも頭を悩ませるくらいにさ迷っていた時期です。

ブログ解説当初は、キーワードぶちこんで、記事の文字数をソコソコいれれば検索も上位になるっしょ!

なんて考えてました。

甘すぎますよねぇ。

そんなことだから、ブログの記事1発目に「青汁」の記事なんて書いちゃうんです。

もろに競合が激しい分野に突っ込んだんですね。

しかも、ドメインパワー「0」で!!!!

その記事はコチラ(当時のままに保存してます)

ダイエットで有名なフルーツ青汁は「こどもの栄養補給」に最適
ダイエットで有名なフルーツ青汁は「こどもの栄養補給」に最適
こどもフルーツ青汁 ダイエットで女性に大人気のフルーツ青汁ですが、実はママさん達にも大人気なんです。 痩せるだけがフルーツ青汁の...

文字数も1600しかないし、LPのコピペみたいな事になってます。

これじゃタイトルも微妙だしアクセスがあってもCVなんてしませんよね。

しばらくして気が付きます。

「きっと文字数が足りなかったんだ!!!」

(そうじゃない!根本的なところがちがうんだ!!)

そして文字数増やして書いた記事がコレ

手汗対策でハンドクリームCORKL(コルクル)が使いやすい
手汗対策でハンドクリームCORKL(コルクル)が使いやすい
男性でカノジョの頭ポンポンしたいのに手アセが! 女性でカレシと手を繋いで歩きたいのに手アセが! とか思ったことは...

うん、2000文字程度なんて舐めてますね。

ジャンルも統一してないし、読者が見ても「広告」って丸わかりの文章だよね。

しばらくしてから解決方法には気が付きました。

雑多ブログで運営していても、カテゴリ内でジャンルをまとめれば強くなることに。

いっけんバラバラの雑多ブログでも、カテゴリでジャンルごとに別けてあげて文章がしっかりしてれば、検索でも上位に食い込んだりするんですよね。

バラバラのジャンルをしばらく書いてから気が付きましたが、これから記事を作成していく人は注意してくださいね。

ジャンルはカテゴリごとに統一感をだして「専門的」にしてあげれば、それなりに強くなります。

(特化ブログに勝てるとは言ってません)

2、アドセンスでバズ目的のネタを仕込む

ASPからの広告で結果が付いてこなかったものなので、アドセンスに走ります。

いや、語弊がありますね。

正確には、アドセンスもやろうと審査には出していました。

結果は審査が厳しくなっていた2017年でもサクっと合格しています。

2017年2月版Googleアドセンスに合格!サイトの記事数は?内容は?
2017年2月版Googleアドセンスに合格!サイトの記事数は?内容は?
アドセンスについての嘘情報に騙されないための2017年02月最新版です。あれこれ読む前に一日1記事書いた方が早いですよ!

アドセンスなんて記事のネタさえ「旬」なら簡単にいけるんでしょ?

そんなアホな考えです。

新規ドメインで開始したブログにパワー何てありません。

ドメインパワー0の状態ですからね。

当時は、Aleexa Traffic Rank がなんとですね。

当たり前ですが「 Unranked 」の状態です。

英語に弱い私でもわかります。

ランキングに入っていないって事なんです!

お前のブログはしょぼいから、ランキングなんて混ぜんてやらないよ?

もっとまともなコンテンツ作って出直しておいで!!

そんな事をいわれます。(ウソです)

一応、今は160万代までは来ましたので、ランキングには混ぜてもらっています。

参考:Aleexa Traffic Rank はchromeの拡張機能で見るとわかりやすいです。拡張ツールのリンク先だけ置いておきます。
私が使用しているのは「Open SEO Stats 」です。
Open SEO Stats(Formerly: PageRank Status)
Shows web rank and SEO stats of current web page, quick access to Geo IP Location, Whois, Alexa, backlinks, indexed pages and more.

自分のサイトだけじゃなくて、他人のサイトでもchromeを使えば見れますのでライバルサイトのチェックとかにも使ったりしてます。

話がそれましたが、当時Unrankedのブログで検索上位表示なんて見込めるはずもなくインプレション収入だけの日々が続いてました。

アドセンスって「大変だ」と気が付いた運営3か月目でした。

3、無料で稼ぐ系を試してみた

「無料会員登録」「無料の相談」「無料の資料請求」など、無料でも報酬が入る案件は探せばかなり出てきます。

無料なら読んだ人は登録するはず!

そう思っていたアホでした。

無料なんて、しっかり文章を書いてある信用のおけるサイトからしか登録しませんよね。

しかも、ブログ開設したての所なんて「他のサイトでも調べてみよう」なんてことになります。

あれれ?思ったよりも登録が少ない。稼げないじゃん!

記事投稿した翌週には、がっかりしたことを覚えています。

例えば

アフィリエイトで躓いたら稼げるブログを参考にしよう
アフィリエイトで躓いたら稼げるブログを参考にしよう
アフィリエイトの記事を更新しているのに成果が増えて行かない。 アクセスはあるのにクリックされない。 商品は人気なのに購入されない...

無料で「書籍のダウンロード」可能なこともあり、だいぽんさんを紹介したりもしていました。

今では、そこそこ登録があってホクホクしてます。

※本をDLするとメルマガが届くようになるので、不要な方は捨てアカウントとか、メルマガ購読用アカウントでの登録がいいと思います。

当時は、アクセス数もめちゃくちゃ少なかったので無料DLなんてされずに嘆いてました。

あれれ?なんか振り込まれてるぞ?って気が付いたのは、しばらく経過してからのお話。

この時点でさっぱり稼げていないから、何をしたのか?

ここまでの内容がブログ開設した当初から、3か月目ごろまでやっていたことです。

このブログでは、さっぱり報酬が上がっていません。

たまにASPの案件が1件!とか、なっていてハチさんブンブンして、私がはっちゃけたりしていました。

主だった収入は、アドセンスの「インプレッション収入」なんて笑い話にもなりません。

このままじゃヤバイ。

このブログをやっている意味がなくなります。

ブログで「稼ぐ」ことを目的に、このブログを立ち上げていますので少なくとも「お小遣いレベル」は稼いでもらわないと更新をストップするつもりでいました。

なんで記事を書いても報酬につながらないのか

自分がしてほしい事だけを押し付けてくる人っていません?

急に、連絡をしてきて「今日遊ぼうよ!」とか、「私はアレしたいから、アッチにいこう!」とかね。

「相手の意見を聞かない」くせに「自分の意見を押し通す」そんなヤツです。

「読んでいる人に伝える」これだけは忘れずに書いていたつもりでした。

でも、「稼ぐ」って思いが強すぎたんでしょうね。

相手に「何も与えていない」のに、自分は報酬をもらおうとしてたんです。

そりゃ誰も付いてきませんし、話も聞いてくれません。

どれだけ有効な情報をながしても、自分勝手なリンクなんて踏みませんよね。

当時は「この商品を売ろう!」が一番最初にありました。

今は「このネタを掘り下げて詳しい記事を書く」が最初にきます。

商品ありきは悪いことではありませんが、それだけじゃ文章にでちゃうんですよ。

「買ってくださいオーラ」がね。

でも、買ってほしい。

買ってほしいから、文章を最後まで読んでほしい。

文章を最後まで読んでもらうために、次の文章を読みたいと思わせたい。

次の文章を読みたいと思わせたいから、文章のメリハリを出す。

ランティング技術が必要かもしれないと思い始めた瞬間でもありました。

書くことが上手になれば、きっとみんな読んでくれると思ったんです。

でも、ライティングの本や教材には疑問がありました。

ブログのライティングって誰かに教わるもの?

ブログで文章を書くことって誰かに教わることなんでしょうか?

私自身は、色々なブログを読みます。

気になっているブログは、ブックマークだけじゃ飽き足らず、更新されたらわかるようにしています。

好きなブログの記事は見逃したくないんですよ。

でも、色々なブログを読んでいると書き方って、みんな違うんです。

私が好きで読んでいるブログの執筆スタイルは十人十色だったんですね。

(もちろんアクセス数もPV数もあるブログガーさんたちのブログです)

これって、「本」を読むだけじゃダメなのかもしれない。

そう思いました。

しかも、書き方ってみんな違うから個性がでるんですよね。

自分の個性が出るからこそファンが出来てPV数も伸びていきます。

だったらライティングの本なんて買わずに、記事を書くことでライティングのスキルを身に着けてやろう!そう思って毎日文章を書くことしました。

毎日、何かの文章を書くこと、書いた文章を読み上げてみること、次の日にもう一度見てみること。

最終的には、その文章をスマホで流し読みして自分が読むレベルまでわかりやすく書くまで書き続けました。

※私は、スマホで文章を読むときは流し読みします。ナナメに流して見て、目についた文章だけ読むスタイルです。気になった項目があれば少し戻って読み直します。

結果として、ライティングの教材を買わずに来ました。

あ、でも最近1個買いました。

情報発信している方のブログでお知らせしてる期間限定のヤツです。

マジでいいんでオススメです。(ライティングがへたくそな時に読みたかったって思いましたよ!!!)

作業リストを作って自分の行動の振り返りをする

記事を書く前に何をすればいいかを考えてからパソコンの電源を入れていますか?

なんとなく端末の電源ONしてキーボードの前に手を置いてから考えてませんか?

思いつかないときって「メールチェック」したり「知り合いのブログめぐり」したりしてませんか?

そして、1時間、2時間と過ぎ去り記事を書く時間を圧迫していく経験がある人は多いはずです。

私がそうでしたし、いざ記事をかこうとして手が止まる人ってかなりいます。

(情報発信している方にメールで質問きますもん)

これって本当にもったいないんです。

記事を書く!と決めたら書かなきゃダメです。

ムダな事をしていては時間が過ぎるだけです。

これに気がついたのは、「自分の作業の洗い出し」を行ったおかげです。

PCの前に座ってからなにしてるだろうか?

まず最初にすることは何か?

記事のネタってどこで集めるんだっけ?

記事をかく骨子はどうやって決めている?

文章の装飾の基準は?

メール確認はいつ?

コメント周りはどうしてる?

挙げればきりがなくなりますけど

思いつく限りをエクセルに書きだしました。

そこに、実際に作業した順番(ある程度)をふっていき、昇順で並び替えます。

するとどうでしょう

1、メールチェック

2、ネタを考える

3、ブログ巡り

この時点で、突っ込みいれましょう!

コレは一番のダメパターンです!

目的とヤル気が薄い状態でPCの前に座っていたんですね。

コレじゃダメなんです。

PCの前に座る次点で、その時にやる作業と目標は決まっているべきです。

そうで無ければPCの前に座る時間を遅らせても大丈夫ですので、「作業と目標」をはっきりさせるべきなんです。

これを明確にして実践したら、1日2記事しか書けなかったのが1日に5記事まで行けるようになりました。(キーボード打つスピードは変わっていません)

やる事をはっきりさせるだけでサクサク文章を書けますし、まとまりの良い文章ができあがります。

PCの前に座る時は目標を決めてから電源をいれましょう。

稼ぐためには徹底的に相手に与えること

どこまで詳しく書けば相手に伝わるのか?

文章の構成はコレで大丈夫なのか?

自分で書いている時には把握しにくいことでも1日置くと理解できるようになりますよね。

だからこそ、その日書いた文章を、その日のうちに投稿するんじゃなくて1日おいてから投稿することで文章の質があがります。

コレって相手のために、本当にわかりやすい記事を書くためには必要な事。

読んでくれた人が、わかりやすい!と思えば、拡散もされるし「はてブ」だってつく。

ASPの広告だって同じなんだよね。

買ってほしいから張るんじゃなくて、相手の事を考えて、ここに貼れば見やすいとか理解しやすい様な位置に貼ってあげることが大事になる。

検索してブログを見てくれる人って「情報を探している」んだよね。

そこに「これ買って!これ買って!」なんて言っても買わないんじゃん?

売り込みされると人間って拒否反応がでちゃうんだよね。

だから、素直に「答え」を出してあげればいいじゃん。

こんな人には、この商品が使いやすい。

あんな人には、あの商品が合う。

誰にでもマッチする商品って、実は無いんだよね。

検索のニーズを考えて文章を作るって簡単なようでいて、実は書き手の思惑が見え隠れしていることが多いよね。

それは「売りたい気持ち」が強すぎてメリット押しになっていたり、読者像を設定できていないくて「万人向け」の文章になっているからなんだよね。

だからこそペルソナ(読者像)の設定は大事なんだ。

ペルソナの重要性と設定の方法

ペルソナは記事を書く時には「絶対に」設定した方がいい。

なんとなく記事をかいた時には「万人向け」の文章になってしまうんだよね。

誰か1人に向けて文章を書くからこそ、読者の心にささる文章にもなるし共感を与えることができるんだよね。

■みなさんどう思いますか?

■アナタはどう思いますか?

これなら「アナタ」の方が気になるでしょ?

「みなさん」なんて広い言葉を使えば、周りの人全員への問いかけだから誰も反応しない。

会社の会議で、周りに「何かありますか?」って聞いて誰も答えないのと一緒だよ。

自分の事じゃないと思われてしまう。

誰にでもウケル記事って本当はないのかもしれないよね。

ペルソナを設定するには、「誰に」「どんな人に」「職業は?」「性別は?」「クセは?」「家族構成は?」「最近の悩みは?」こんなことを設定すればいいよ。

本当にいそうな人を設定すればいいんだ。

実際にいる友達でもいいし、家族でもいい。

Yahoo知恵袋でみつけたプロフィールでもいい。

その人の事を考えて、伝わるように、わかりやすいように書けば、アナタが思っている以上に共感を呼ぶことができるしPV数ものびるんだよね。

だまされたと思って記事を書いてみて。

(騙してたらごめんなさい。でも私はこれでアクセス増えたよ!)

アクセスを呼び込むために使ったところ

いくら読者に届けようと思っても、読者が居なければアクセスはないよね。

固定の読者をふやすためにも、色々と試してみて効果の高かった所を書き出していきます。

簡単な所だとSNSやブログランキングになる。

でも、ランキングって流入がわかりづらいんだよね。

ランキング上位じゃないと人来ないしさ。

Twitterでつぶやく

一番簡単な所だとTwitterでつぶやくこと。

フォロワーが少なくても、ニーズがあるワードは検索する人もいるし、フォロワーが少なくても流入がある感じがある。

もちろんフォロワーが大いに越したことはないけど、少なくても意外といける。

注意点としては、記事の更新だけを呟いているとフォロワーが減る。

普通につぶやくことも必要だなって思ってる。

ブログサークル

ブログランキングから派生しているサークルなんだけど、無料で活用できる。

フォローしたりされたりの関係はSNSと一緒だけれど、周りにいるのは全てブログを運営している人なんだよね。

WordPressでブログを運営していると、最初のウチってマジで無人島気分。

アクセスは無いし検索順位は低いしね。

でも、ブログサークルだとそこがプラットホームになるから、ブログ運営者同士の横のつながりもできるし「はてブ」だってつきやすい。(もちろん自分の記事が押してもらう価値があればだけどね)

私は、横のつながりが面白くてずっと使わせてもらっている。

無料だから費用はかからないし、ブログの知識が豊富な人も多いから問題解決するのが早い!

そしてコメントをもらえるのが、次の記事へのヤル気なる。

ほんとコレって大事なんだよね。

ヤル気が少しでるだけで記事の質はアップするし、次の日も記事をかこう!って気分になる。

誰かと意見を交換できる上にアクセスアップもするし一度やってみてほしい。

ほんと楽しいから!

最後に

色々書いたけれど、雑多ブログでも質の良い記事を書けば検索上位表示される。

私の記事の中でも、かなりの数のクエリで上位表示になっているし、検索の1ページ目に食い込んでくれる記事もある。

もちろん特化ブログには負けるけど、雑多ブログの方が書くネタは多いし、好きな事をかける。

自由に記事を書けるってことは、本当に楽しい。

しかも、ブログから商品が売れたり、PVが増えればアドセンスでまとまった報酬が入ってくる。

数千円の頃はつらかったけど、数万円になってくるとめちゃくちゃ楽しくなってくる。

毎月数万円を稼げるようになれば、どんな記事をかけば報酬につながるかが見えてくる。

報酬につながった記事を量産して報酬UPをするもよし。

独占できているようなジャンルで、別の特化サイトを作ってしまうもよし。

方法がわかればアイディアはどんどん出てくる。

後はチャレンジするだけだよ。

短い時間であきらめずに、半年、1年と続けてみれば必ず稼げるはずだ。

続けていく中で、考えたこと、レベルアップしたこと、学んだこと、これらを記事に生かしていく事で稼げないことはないはず。

自分の好きなように書いた記事で得た報酬って本当にうれしいんだ。

仕事で初めて給料をもらうよりも全然うれしい。

だって、自分を認めてくれたと実感できるからね。

まだ報酬が出なくて悩んでいるなら

■ペルソナを設定する

■読者へ「答え」をだしてあげる

■SNSやサークルからアクセスアップをする

■根性で半年以上続ける

これだけでなんとかなると思うよ。

そこまでの根性が・・・って人は、人生で副収入は必要なのか?ってことを考えればいいと思う。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. きょろ より:

    こんにちは
    1ヶ月前に作ったブログがアクセスすくないのにコメントがつくなと思ったら
    スパムコメントでした
    面白いので承認せずにそのままにしていたら
    20件くらいたまりました
    最近は今日はどんなコメントなんだろうと楽しみにしています(目的違う)

  2. トシカズ より:

    こんにちは、トシカズです。
    色々経験されたことで、とても信頼性がありますね!
    応援していきますね。