ブログ運営

Googleアナリティクスのデータが消えちゃう!【一般データ保護規則(GDPR)】に対応しよう

Googleからメールを受信していた人も多いと思いますが

「一般データ保護規則(GDPR)に関する重要なお知らせ」

コレ読みましたか?

 

簡単に言えば、2018年5月25日以降にユーザーが設定した保存期間でデータを管理する。という事になります。

EUからみの規則に合わせた施行なんでとやかくは言いませんが、自分で「データ保存期限」を設定していないですよね。

デフォルトで「26か月」になってると思います。2年と2か月分のデータしか保存されなくなるって事です。
アナリティクスのデータを使ってサイトの構築をしている身としては、マジで勘弁していただきたい!

データは積み重ねが大事なんです。2年でカットされちゃったら、古いサイトのデータを引っ張れないじゃないですか!

 

超簡単に「保存期間無制限」にする方法

アナリティスの管理画面開いて「自動的に期限切れにならない」にして保存するだけです。

画面を開いていく順番で、画像に番号を振り分けたので順番に押していくだけです。

アナリティスのデータ保持期限を無制限にする方法

①:「管理」を開く

②:2列目の「トラッキング情報」を開く

③:トラッキング情報内の「データ保持」を開く

④:ユーザーデータとイベントデータの保持のメニューから「自動的に期限切れにならない」を選択

⑤:「保存」を洗濯して完了

これでデータ保持期限が「26か月」から「自動的に期限切れにならない」まで延長されました。

一応、選択肢の中には「14か月」「26か月」「38か月」「50か月」とありますが「自動的に期限切れにならない」1択ですよねぇ。

設定の変更は24時間後に有効になりますので、必要な人は早めに対応しましょう。※5月24日に変更しようとするとタイミングによりけりでデータ消えちゃいます。

 

せっかく「https://」にしたのにデータ消えたらたまらないよね

2017年8~10月ごろにかけて続々とサイトのSSL化を進めた人が多いですよね。

Googleが推奨したから当然なんですが…。

SSL化大変だったですよねー。その内やらなきゃと思っていても、腰が重くギリギリまで粘った人も結構いましたもんね。

 

で、その時にアナリティクスのデータを「http」から「https」へ引き継いだ人も多いんじゃないでしょうか。

せっかくデータを引き継いだのに、5月25日まで設定を変えておかないと当時の苦労も水の泡になります。

早めに設定を「自動的に期限切れにならない」に変えておきたいですね。

 

行動できる人は「今すぐ」やろう!すぐやろう!

ほっとくと何時までたってもやりませんよー?

やるなら今すぐですよー?

サイト登録してる数だけ設定直さないといけませんからねー?

 

5サイトあっても5分で終わるんで今すぐやりましょー!

WordPressテーマ「JIN」

JIN(ジン)は読む人も書く人も、どちらも心地よく使える最高のWordPressテーマを目指して作り上げられています!

月100万円以上稼ぐアフィリエイターのノウハウが凝縮されているテーマです。売れるメディア作りに必要なものが、このテーマ内にすべて詰まっています!

JINをダウンロード