ブログ運営

アドセンスでポリシー違反が解除されない!iQOSやglo記事がタバコ分類になってるので注意!

前回の「アドセンスがポリシー違反になっちゃった話」ですが、まさかの続編です。

続くとは思ってませんでした。

というか、終わってほしかったです。

あわせて読みたい
【解決方法】アドセンスのポリシー違反が直らない!?警告メールと404ページ 以前に、過去記事がポリシー違反になってて広告非表示のメールきちゃいました>< なんてことをコッソリと報告させて...

このように、前回は「違反ページ」を出してしまったら【アドセンス広告削除】してしまう方法が早いとお伝えしてきました。

ですが、私のメールボックスにGoogleからのポリシー違反レポートが数日おきに届きます。

その都度、ページを修正(広告消したり、違うページを表示したり、文章直してみたり)してみましたが、ぶっちゃけ効果0でした。

修正するたびに「審査リクエスト」をしていたんですが、それが間違いの元でした。

 

「審査リクエスト」を間違えて使っていたので永遠に違反レポートが届いていたんですね。

今回は、改めて「ポリシー違反記事を修正する方法」と「加熱式タバコはアウト」と「ウィジェットを使ってアドセンス広告の表示/非表示の方法」をお知らせしていきます。

手法自体は間違っていませんでしたので、基本は「アドセンスコード削除」でOKです!

 

 

「ポリシー違反記事を修正する方法」Googleからメールと対処

ポリシー違反をするとGoogleからメールが届いているはずです。

今回の件で、私を数日おきに悩ませていた通知メールはこんな感じです。

お客様

本日は Google サイト運営者様向けポリシー レポートをお送りいたします。お客様のウェブサイトの特定のページで見つかったポリシー違反に関連する最近のアクティビティをご確認ください。違反措置の適用状況は随時変更される可能性があります。現在適用されている違反については、AdSense ポリシーセンターの [ページ単位の違反措置] をご覧ください。

サイト全体またはアカウントのレベルで発生した違反については、このレポートに含まれませんのでご了承ください。サイトやアカウントのレベルで違反があった場合は、別途メールでお知らせすることがあります。ページ単位であれサイト単位であれ、ポリシー違反がなかった部分については広告掲載が続行されます。

過去 24 時間の情報:

新たな違反が検出されました。AdSense プログラム ポリシーへの違反が見つかったページでは、広告掲載が制限または停止されています。この問題を解決するには、違反しているコンテンツを削除して、審査をリクエストしていただくか、違反しているページから広告コードを削除する必要があります。

ポリシー施行の詳細については、AdSense ヘルプセンターでご確認いただけます。プログラム ポリシーについて詳しくは、AdSense プログラム ポリシーをご覧ください。

何卒よろしくお願い申し上げます。
Google サイト運営者向けポリシー

毎回「新たな違反が検出されました。」という文面に頭を悩ませていました。

修正したのに「新たな違反」ってどういうことよ!直した部分が違反したってことなの!?
誰か答え教えてください。Googleさまぁぁっぁ!
って、悩みまくってたんです。

 

ここで基本的な対処方法の確認

1:記事の内容をポリシーに合わせて修正する
2:該当記事のアドセンスコードを削除する

これが正式な手段なんですね。

「広告を残して記事を変更する」「広告(コード)を消す」このどちらかをしないといけないんです。

 

修正したらどうするのか?

数日前から比べて、ポリシー違反のページがわかりやすくなっていました。

これはアレでしょうか?

私が広告コードを消すたびに「審査リクエスト」をしまくっていたので、わかりやすくページを変更してもらえた。ってことでいいんですかね?

わかりやすくなった解消方法

1:広告を残す場合 ⇒ 「違反の修正」「広告コード残す」「審査リクエスト」
2:広告を消す場合 ⇒ 自動広告は「配信停止グループ作成」 広告コードは「ページから削除」

はい。ここまで書けばOKですかね?

広告を消す場合に「審査リクエスト」をしてはいけません!

審査リクエストをすると、ページの違反箇所をチェックしますから、該当ページが違反のままだったら「ポリシー違反レポート」が数日おきに飛んできます。

 

ですので

広告コードを残す場合は「記事を直してから審査リクエスト」をする。

広告コードを消す場合は「該当ページから削除して(自動広告は停止グループ作成)をして放置」にする。

こうなるんです。

審査は1週間前後で終わります。広告コードを消す場合も1週間~10日で完了するそうです。
すぐにはポリシー違反が消えませんので、不安になりますがじっくり待ちましょう。

 

おまけ:自動広告の停止グループ作成方法

アドセンスの管理画面から「広告の設定」⇒「自動広告」⇒「新しいグループ」を選びます。

画面が切り替わるので

「URLを追加」を選択して該当のURLを入力すればOK

画面右下の「次へ」を選択し、広告設定の選択をします。

全部オフにしてOKです。(広告表示の場合は右のスイッチが「青く」なっています)

先ほどと同じように、画面右下の「次へ」で確認画面に進みます。

「URLグループ名」を入力、アドレスの確認をしたら、右下の「保存」を押せば設定完了です。

 

「加熱式タバコはアウト」

1年以上前から「加熱式タバコ」の記事をかいていましたが、今年の3月に初めて違反レポートがきました。

メールを受信した日付で確認してみると、3月21日に初違反レポートを頂いていたわけなんですが、webをさ迷って情報を集めてみると・・・

どうやら同じようなタイミングで、iQOS(アイコス)やglo(グロー)と言った加熱式タバコ系の記事がポリシー違反を受けていたようなんですね。

この事から「加熱式タバコ」⇒「タバコに分類」となったのでしょうね。

 

加熱式タバコの記事をかいてポリシー違反を受けたみなさん!

アナタだけじゃありませんよ!私もいただいています。仲間はいっぱい居ます!

タバコに関する記事はポリシー違反になり易いので注意しましょうね。

※「タバコやその関連商品を宣伝しているページに Google 広告を掲載することは許可されません。」なんですが、宣伝しなければOKかな?

でも、どこまでが「宣伝」と取られるかグレーな部分もありますので記事をかく人はプログラムポリシーを読み直した方がいいかもしれませんよ。

 

「ウィジェットを使ってアドセンス広告の表示/非表示の方法」

ここまで読んだ人だと、中には「ウィジェットで広告管理をしてるけど記事毎に非表示にする方法がわからない!」という人もいるでしょう。

ウィジェットのアドバイス広告をページごとに「表示/非表示」を選ぶようにできるプラグインを見つけてきましたよ。

Widget Logicで表示の可否を設定可能

これをインストールして有効化すると、ウィジェットごとに「ロジック」を設定できるようになるんですね。

そのロジックに「表示しないページID」を示してあげれば解決です。

 

あわせて読みたい
【解決方法】アドセンスのポリシー違反が直らない!?警告メールと404ページ 以前に、過去記事がポリシー違反になってて広告非表示のメールきちゃいました>< なんてことをコッソリと報告させて...

この記事の「404ページにアドセンス広告を出さないようにするには」でも解説しましたが、条件分岐タグを使って指定していきます。

使うものは前回ものを少し加工します。

!is_single( array( 111, 222, 333 ) )

赤字の部分にページIDを入れていきます。
ページIDは「投稿の編集」のときにブラウザのアドレスのところに出ている数字の部分を使います。「post=1234」みたいな部分です。

出来上がったコードを「ウィジェットのロジック」部分に記入すれば、指定したページIDで広告IDが表示されなくなります。

 

 

おさらい 「記事修正⇒審査リクエスト」「広告削除⇒放置」

最後におさらいです。

広告コードを削除して「審査リクエスト」をすると、記事が修正されない限りポリシー違反レポートが届くことになります。

「記事修正 ⇒ 審査リクエスト」
「広告削除 ⇒ 放置」

広告を消して記事を修正しない場合は「審査リクエスト」をしちゃダメですからね!

 

ポリシー違反にならないように記事をかいていますが、どうしても盛り上がりすぎて書いちゃった熱い記事にかぎって違反になってたりもします。

投稿する前に時間をおいてから読み直してみると良いかもよ?

 

私みたいに1年後に来られるとどうしようもないけどね(笑)

WordPressテーマ「JIN」

JIN(ジン)は読む人も書く人も、どちらも心地よく使える最高のWordPressテーマを目指して作り上げられています!

月100万円以上稼ぐアフィリエイターのノウハウが凝縮されているテーマです。売れるメディア作りに必要なものが、このテーマ内にすべて詰まっています!

JINをダウンロード