WordPressプラグインは厳選しよう!入れ過ぎは速度低下!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ブログを初めて、WordPressに手を出して少し様になった来た頃になると

サイトが重くなってきていませんか?

プラグインって便利なツールです。

ポチッとインストールするだけでお手軽にサイトをカスマイズしてくれます。

初心者~上級者までのお手軽ツールの様になりますが、インストールし過ぎは注意なんです!

プラグインが1桁ならなんてことはありません。サクサク動きます。

でも?20個?30個?どんどん増やしていくと・・・

やっぱり重くなって行きますよね。

自分が他人のブログを見たときすごく重いサイトだったらどうします?

ごめんなさい。私は即閉じます。気になる記事でも読みません。

だって、ユーザーの使い勝手を考えていないサイトですよ?

いくら気になる記事があったとはいえども、目線はきっと作成者のものであり、ユーザーの事なんか考えていないはずです。

少しでも考えてくれているなら表示のスピードであったり、文章の読みやすさであったり、ユーザー目線になってくれているはずです。

表示が重い。ただそれだけでユーザーのアクセス数やセッション時間はグンと減って行きます。

軽くしていく為にはプラグインは厳選しておこう

サクサク快適な環境を用意するには色々な記述を弄って行く必要もある為にかなりの知識が無いとできません。初心者ならまずは簡単なプラグインで試そうか!ってなるんです。

でも、数多く入れると重くなってしまうんで厳選する必要が出てくるんです。

今アナタのWordPressに入っているプラグインは何個ですか?

沢山入っていませんか?

今回は最低限のプラグインでWordPressを稼働させるために厳選したものを紹介していきます。

まずはスパム回避から!

コメントのスパムは放置して行くと何処まででも増えて行ってしまいます。

自動的にスパム判定を行いスパムからブログを守ってくれるプラグインは

Akismet Anti-Spam (アンチスパム) になります。

スパムコメントは自動的に判定し表示してくれます。

1個づつコメントをチェックしていくのも大切にはなりますが、スパムなのか?いや違うか?なんて迷っている人があるならブログ更新をがんばりましょう。

ブログを更新したらGoogleさんへ通知しなきゃね!

更新したらグーグルに通知してサイトマップ送って・・・

手作業でもそんなに手間はかかりませんが、更新するのは1日1記事1サイトですか?

サイトの数が増えたら?記事の更新スピードが上がってきたら?

いちいち通知するのも面倒ですし、忘れていたらアレヤアレヤと言う間に時間が過ぎて記事の鮮度も落ちていく。トレンドアフィリエイトをやっている人なら特に重要になってきます。

そんな時には Google XML Sitemaps を使いましょう。

サイトを更新したタイミングで定期的にサイトマップを送信してくれます。

種類毎に優先度を付けたり、通知しないコンテンツを選べたりとかなり楽出来るツールになります。

アイキャッチ画像とか圧縮してますか?

画像って1枚だけなら容量もサイズも少しですし、このくらいならいいか。ってなりがちです。

でも更新頻度ってどのくらいですか?

月1なんですか?毎週1なんですか?毎日1なんですか?

それとも1日に3記事とかアップしていますか?

1日1記事でも1か月で30記事、3か月で90記事、半年で180記事ですよ?

サーバーの容量を気にする羽目になってしまいます。

もちろん、容量が増えればその分サイトも重くなりますし評価も下がって行きますよね。

画像は細目に圧縮をしてサイズの逓減を図りましょう。

EWWW Image Optimizer これなら既にアップしている画像もなんと!

圧縮してくれます!

しかも、これからアップする画像は勝手に圧縮してくれるお助けツールです。

ちなみに、圧縮を忘れていたファイルが有っても一括で最適化も可能ですので大助かりです!

定期的に画像を上げている私なんかには本当に役に立つツールです。

バックアップはしていますか?

私は手動で行う事も多いですし、サーバーでもバックアップ機能がある為入れては居ません。

WordPressのバックアップは細目にする!自動化と手動の方法【Xサーバー編】
WordPressのバックアップは細目にする!自動化と手動の方法【Xサーバー編】
皆さんバックアップ取ってますか? WordPressを使ってブログを更新している方なら取っているはず。万が一ブログが消失してし...

ですが、手作業が嫌だよ!間違えたら怖いもん!って人や、毎日バックアップが手作業なのは大変だよ!なんて人はプラグインで対応していきましょう。

BackWPup を使うと比較的簡単に必要な分だけバックアップできます。

リンクって張ってますよね?リンク切れてますよ?

リンク切れってチェックしてますか?

気が付くとリンク先のアドレスが変更になっていたり、サイトが閉鎖していたりでリンク切れを起こしている事も稀にあります。

昔の記事を毎回チェックできているなら良いんですけども、流石に過去記事を毎回チェックするのは面倒ですよね。

チェック漏れした記事のリンクが切れていた!ってなるかもしれませんし、過去記事から読むユーザーもいるかもしれません。

私は過去記事とかも見る派ですので、たまにリンク切れ起こしているサイトを発見すると次は行かない事も多いです。過去記事が偽情報の可能性もあるので・・・。

でも、記事数が多くなってチェックしきれないよ!ってなっているソコのアナタ!

安心して下さい。ちゃんとチェックするツールがあります。

Broken Link Checker 

はダッシュボードでリンク切れを教えてくれる為、見逃す事はありません!

壊れたリンクがあれば教えてくれます。

リンク切れをチェックする簡単なお仕事ですが、手間が凄い減らせます。

お問合せ欄は自分で作成していますか?

お問合せ欄ってどうしています?自分でつくれます?

無いよりはあった方が良い。というか有った方が良いのがお問合せ欄です。

コメント欄で十分でしょ!って思ってちゃいけません!アフィリエイトを行っていくならお問合せ欄は必須になります。

知識のある人なら自分で作って設定した方が早いと思いますが、ボタンを押し行くだけでお問合せ欄が作成できるなら、初心者はプラグインで作ってしまいましょう!

シンプルですが良い感じです。

Contact Form 7 結構気に入って使っています。

そもそもスピード上げたいんです!

そんな人には Speed Up – JavaScript To Footer です!

単純に高速化してくれます。

キャッシュを保存してくれて高速化するプラグインもありますが、テーマによっては相性があって悲惨な事になるケースもあります!

WordPress記事が消えて画面真っ白
WordPress記事が消えて画面真っ白
昨日待ちに待った商品をゲットしたので、ブログ書くしかない!と気合を入れて迎えた今日。 パソコンつけて スマホで取った画像処理...

うん、私が経験しました。テーマによっては本当にダメなんだなと実感した瞬間でした。相性って人だけじゃなく、機械にも大切だったんですね。

ちなみに W3 Total Cache これです。

私のテーマには相性が悪かったですが、キャッシュを管理するプラグインですので、使えば高速化に繋がります。相性の良いテーマを使っている人は是非活用してみては?

全部で7個(8個)のプラグインを紹介しました

もう既にインストールしている方も多いと思います。

でも、この7個(8個)のプラグインが重要ではないかと思います。

サイトによってはもう1~2個増やしてもいいかなぁ?って思いますが入れても10~12個くらいで収まるのが理想ではないでしょうか。

自分のサイトはどうなんだろ?速いのか遅いのかわからないよ?って人は

PageSpeed Insights

Google先生に確認してもらいましょう。

モバイルとPCで速度チェックと修正点を教えてもらえます。

ふと今試したら

モバイル71 / パソコン81

あれぇ!?なんか速度落ちてるんですけどぉ!!!!

ちょっと修正に行ってきますので本日はここまで。

コメント

  1. 莉緒 より:

    初めまして♪ランキングからきました。
    私は数日前にワードプレスをインストールしたばかりで、どんなプラグインを入れたらいいのか迷い中でした。

    紹介していたプラグインを早速インストールしてみます!

    参考になりましたので、またお邪魔します

  2. aki より:

    莉緒さん

    初めまして。ランキングからの訪問ありがとうございます。
    ワードプレスをインストールしたばかりだと、プラグイン選びは大変ですよね。
    テーマによっては相性が悪いプラグインもあったりしますので

    バックアップをしっかり取ってからインストールしてみて下さい!

    また宜しくお願いします。