共働き夫婦の家事分担!2人じゃなくて3人で!夫婦喧嘩しない秘訣

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

夫婦で家事分担をする際にモメる事って多々あります。

思いやりのつもりが逆効果になってしまったり、手伝っているはずが足を引っ張ってしまっていたり。

家事分担でケンカになった時に想いを書きまくった記事は反響が物凄かったです。

家事分担でケンカ!夫婦喧嘩をしない為の秘訣!共働きと専業主婦の注意点
家事分担でケンカ!夫婦喧嘩をしない為の秘訣!共働きと専業主婦の注意点
幸せな夫婦生活に、突如訪れる悪夢とはなんでしょうか? 最初は、誰しもが甘い夫婦生活を夢見ています。 です...

私だけが思っている事なのかと考えていたけれど、家事分担で悩む家庭は多いようですね。

少しの行き違いから起こる家事分担にまつわる夫婦喧嘩も、心がけ次第で回避する事は可能かもしれません。

でも、実はコノ考え方が間違いの元だったりもします。

家事は、夫婦喧嘩をしないために分担するのはありません。

円満な家庭を長く続けるために家事分担をする必要があるんです。

共働き家庭にありがちな夫婦喧嘩

二人で働いているからこそ、家に帰る時間がバラバラになります。

そうなると、家事を行う方は必然的に「 早く家に帰った人 」になりますよね。

実際に、私はそうでした。

「 早く家に帰った方が家事をする 」

この取り決めの元に生活をしていたんですね。

すると、どうなると思いますか?

円満に進むと思いますよね?

でも、実際は違うんです。

・ 料理を作った後の片付け方が違う

・ 掃除の仕方が違う

・ 洗濯物はたたむ所までじゃない!仕舞う所まで!

・ お風呂掃除は、排水ネットまで確認する!

・ 子供の宿題を確認するのも家事!

細かい所かもしれませんが、「 家事 」と1言でいうには多すぎるほどあります。

そして、効率的に家事を行う為にやっている事が、夫(妻)に台無しにされる事も少なくはありません。

毎日の事だからこそ、不満は少しづつたまっていきます。

適度に解消しようと思っても、毎日のように不満がたまってしまうんです!

そしたら、夫婦喧嘩にもなりますよね!

家事分担でケンカしない為のリスト作り

なんでもかんでも自由にやらせてしまうと、間違いなく夫婦喧嘩になります。

こじれた挙句に、夫(妻)がいう事は

「 そんなに細かく言うなら自分でヤレ 」

こんな、投げやりな言葉さえ出てきます。

だったら最初から、「 分担する家事を決めて 」しまえばいいんです。

良く言いますよね。

家事はリストを作って分担すればケンカしない!って。

紙に手書きでも良いですし、パソコン作業が得意な人ならエクセルで表を作ってしまうのも早いです。

家事 内容 分担者
洗濯 洗う、干す、取り込む⇒しまう 早く帰宅した方
料理 夕食 妻(遅い時は夫)
掃除 週に1回掃除機

こんなザックリなリストでも構いません。

家事分担する人の、優先順位と何をやるのかが分かり易くなればいいのです。

このリスト作りをしていると、大抵の場合は「 妻 」の出現率の方が高くなります。

もしかすると、ほとんどが「 妻 」で埋まってしまう家庭もあります。

そうなってしまうとリストを作成した意味がありませんし

何のために家事分担をするのか?

どうして家事分担をしたかったのか?

根本的な所からの見直しになってしまいます。

そのまま、ケンカに発展してしまうケースもあります。

「 夫 」の出現率も増えるように一緒にリスト作りに参加してみて下さい!

そうする事で、「 妻 」からすれば一緒に「 リスト作りという家事 」を出来たという印象がもてます。

一緒に家事をする事で、積極的に家事に参加する事で、二人での共同作業をする事で

夫婦喧嘩の割合も減ってきます。

出来るだけ一緒に家事に参加するようにしましょうね!

共働きだからこそ融通をきかせて

「 共働きで私は残業が多いから 」

「 共働きで休日出勤する事が多いから 」

「 共働きでもアソコの家庭はしっかりしている 」

言い訳として上がる理由には、様々なものがあります。

でも、本当に仕事が忙しいだけでしょうか?

お互いが「 家事をしたくない 」と思ってしまうから相手に押し付けてしまっていませんか?

自分がやりたくない事は、相手にとってもやりたくない事になります。

自分が忙しい時には、相手に家事を頼むこともあるでしょう。

けれど、それに甘えてはいけません。

結婚した相手が、アナタの母親になったのですか?アナタの父親になったのですか?

違いますよね。

お互いが対等な条件だからこそ夫婦なんです。

親子の関係の様に、親がいつまでも面倒を見てくれるわけではないのです。

だからこそ、自分が「 やりたくない家事 」をやってもらった場合はしっかりとお礼を言う事も大事ですし

逆に、相手にお礼を言われた場合でも、偉ぶったりせずに当たり前の事と思って家事をしましょう。

家事は、誰がするって決まっているわけではありません。

家族で行うものです。

そこの所を間違えてしまうと「 離婚 」の危機が訪れるかもしれませんよ。

家事をしないと離婚される?

大げさに聞こえますが、家事をしないからという理由で離婚をするケースって多いんです。

1日や2日の家事をサボるってレベルじゃありませんよ。

慢性的に、何カ月も、何年も、何十年もとなってくれば、不満は爆発するくらい溜まります。

それに加えた精神的苦痛は計り知れないものになっていきます。

家事をしない事で離婚になるのではなく、家事をしないからこそ精神的苦痛を与えて離婚に至ってしまうんです。

離婚されない為の家事分担は?

お互いが理解して家事をするのが一番なんです。

ですが、それが出来ていれば家事分担で悩む必要はないですよね。

出来ないからこそ、あちこちの家庭で問題になるんです。

どちらかが折れて、諦める形を取るのであれば、その場は解決します。

しかし、根本的な解決にはなっていないんですね。

お互いが納得して、気軽な気持ちで行える家事が一番大事になります。

根本的な解決方法としては、先に挙げた「 家事分担 」を二人で決めて、時には融通を聴かせながら行う事ですが

ここに至るまでに何度ケンカを繰り返す事か。

家事をする頭数を増やす

子供がある程度大きくなり、小学生くらいになれば「 お手伝い 」として家事をさせることも可能になります。

しかし、万能ではないですよね。

やれる範囲は限られていますし、家電を使う場合に壊さないか心配になります。

そんな時に活躍するのが

  ル  ン  バ !!!

では、ありません。

家事を代行してしまえばいいんです。

家事代行って可能なの?

ピンとこない方も多いでしょうが、要するに家政婦さんです。

それも、臨時のピンポイントで手伝ってくれる家政婦さんです。

ケンカで飛び交う怒号の中にありますよね。

「 私はアナタの家政婦じゃないっ!!! 」ってヤツです。

だったら、本当の家政婦に手伝ってもらいましょう!

家政婦は、料金が高いイメージがありますよね。

でも、それはフルタイム労働の様に年間契約で雇う場合です。

週に1回2時間程度の作業なら

4,000円程度で出来ちゃいます!

思ったよりも安い料金でお手軽に利用できてしまうんですね。

猫の手も借りたいような忙しさの人には



  猫の手シリーズがオススメです!

忙しい時に借りるのは、なんでしょう?

そう!

猫の手!ですね!

かゆい所に手が届く用に、低価格でハイスペックな家事をしてくれます。

しかも!


子育てママに嬉しい内容が盛りだくさんです。

ちなみに、業界最安値となっています。

詳しくは画像のリンクからどうぞ。

共働きだからこそ「時間」を「お金」で買う

共働きだからこそ、貯金を増やしたい!と銀行に預ける方もまだまだいます。

けれども、さっぱり金利が付かない銀行に「 大事なお金 」を取られてしまうよりも

自分たちが気持ち良く住みやすい家庭にして行く事で、更に仕事も出来る大人になるとは思いませんか?

仕事が出来る人ほど、便利な家電を沢山持っていたり、家事代行サービスも利用しています。

それは、金銭面で多少なりとも余裕があるからこそ、自己投資に回しているのではありません。

自己投資するからこそ、家が住みやすくなり、疲労も少なくなる。

更には家事というストレスの軽減にもなって、仕事も出来る大人になっていくんです。

「 出来る人 」と「 出来ない人 」では、順番が違う事が多いんですね。

お金があるから、サービスを使おうじゃありません。

サービスを使って負担軽減になれば、今よりも収入が増やせる!なんです。

夫婦円満の秘訣は

もちろん家庭が上手く回るようにすることです。

家事分担の様に、お互いの気持ちを大事にし思いやりを持つからこそ円満になります。

しかし、それは「 一人 」ではダメなんですね。

夫婦が「 二人とも 」思っていないといけません。

もしも、上手くいかずにケンカになるようなら

家事分担でケンカ!夫婦喧嘩をしない為の秘訣!共働きと専業主婦の注意点
家事分担でケンカ!夫婦喧嘩をしない為の秘訣!共働きと専業主婦の注意点
幸せな夫婦生活に、突如訪れる悪夢とはなんでしょうか? 最初は、誰しもが甘い夫婦生活を夢見ています。 です...

この記事を、相手に読ませてあげて。

きっと、何か考えが変わってくる。

それでもダメなら素直に家事代行サービスを使っていきましょう!

先ほど紹介した「家事代行サービス【キャットハンド】」


他にも



こんな所もあります。

CaSy(カジー)だと、実際にサービス利用までの過程が楽チンです。

最後に

家事って分担しないで、一人で終わらせた方が納得の結果になります。

クオリティも間違いないです。

でも、一人で全部行うには負担が大きすぎるのが現状です。

ほんの20年前は専業主婦の家庭の方が多かったです。

家事は、どの家庭も奥さんに全部任せておけば良いって考えでしたよね。

そこから、収入の為に働きにでる奥様方が増えました。

共働き家庭が、専業主婦の家庭数を抜いたのは、ほんの20年前です。

今では、1.5倍以上も「共働き家庭」の方が多くなっています。

だからこそ、家事分担は考えなければいけない大事な事ですよね。

しかし、共働き家庭が増えてから20年しか経過していないという事は

今の新社会人でさえ、専業主婦の母親を見ている人が多いんです。

これだと、考えるきっかけを与えてあげなければいけませんよね。

じっくりと、お互いの事を考えていきましょう!

親世代とは、まったく異なるライフスタイルになる家庭が多いはずですからね。

最後に、共働きなら出来ることとして

「 時間 」を「 お金 」で買う事は、した事ある人にしか分かりませんが

最高の自己投資になります。

浮いた時間で遊ぶ事でも良いですが、他の事に時間を使えるんですよね。

リフレッシュして仕事に備える事でも良いと思います。

副業にせいを出しても良いと思います。

浮いた時間で何をするかはアナタ次第です。

自分のため、相手のため、二人のために時間を使ってみましょう!

コメント

  1. アキモト より:

    アキモトです。
    うちも共稼ぎですが、分担は難しいと感じてます。
    理由は女性は、自分のやり方と全く同じでないと、文句を
    言いたい性質がある人が多いと思うからです。
    僕は、聞き流せるようになりましたが・・・
    また、遊びに来ます。

  2. akiyo より:

    アキモトさん

    こんにちは!

    家庭によっては難しい所もありますよね。
    でも、分担をしないで成り立つなら、それが最適なのでは?

    分担をしないとなりたたない → ムリヤリ家事分担をする → 夫婦ケンカ
    だったら、家事分担をしないでも成り立つ方法を探すのも一つの手ですよね!

    自分のやり方と違うと文句が出る → 一緒に作業する気が無い ですよね。
    奥さんが家事分担をしたいなら、もっと積極的に落としどころが見つかると思いますよ!

    切羽詰って、グチばかりが出てくるようなら、聴いてあげると違ってきますよ!

    またよろしくです^^