WordPressでのアフィリエイト情報教材提供を考える

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

書いていたら脱線してしまい長くなりましたが、思っている事を伝えるには良いかと思いそのまま記載しています。

時間の無い人は読み飛ばしても良いかもしれません(笑)

アフィリエイトも軌道に乗って手法も確立すれば、情報教材として販売できる。

アフィリエイトと自己教材の販売で収益倍増!

となれば良いですが

ソコにたどり着くまで

何年かけるのでしょうか。

早い人なら情報教材を漁って手法を若干アレンジして数か月で辿り着く方もいるでしょうが、このサイトを見て下さっている時点では、初心者~中級者の方々だと思います。

時間をかけて手法を確立して販売をする。

きっとしっかりした商品が作れると思います。

時間をかければかけた分だけ旬が過ぎていく可能性も否定が出来ず、再現性の低い商材になってしまうかもしれません。

スポンサーリンク
レフタリング大

アナタは今どんなアフィリエイトをしていますか?

一口にアフィリエイトといっても、トレンド・専門サイトでの更新型と専門サイトを賢人やシリウス等で完成させた後に放置するタイプ。メルマガやリストを使うタイプ。アダルトや出会い系等様々です。

現在の収益はどのくらいでしょうか?

安定して稼げている方々は手法がある程度確率していると思いますし、外的要因に左右されて報酬にバラつきが出てしまう方々は何か未完成な部分とあるのだと思います。

  • 他人に情報を与えた際に自分が稼げなくなるんじゃないか
  • マーケットを荒らされてしまうんじゃないか
  • 自分の領域を死守したい

色々な感情が出ると思いますが

自分が思いつく事は、遅かれ早かれ誰かが思いつきます。

  • 新しい手法を思いついた
  • ニッチなキーワードを見つけた
  • 新ジャンルに一番乗りした

ソコに辿り着くのが早ければ早いほどライバルはいませんし、きっと稼いでいける事でしょう。

でも、攻略法って誰かが見つけるんですよ。

ゲームと一緒ですね。じっくりやる方もいれば、新しい攻略法だけを必死に追い求める人もいます。

何かないか、良い方法はないか、誰も使っていない手法はないか、今後伸びそうなジャンルは何か。

考える第一歩は皆さん一緒かもしれません。その先に何処に目を付けるのか。閃くセンスがあるか。サイトを見てくれている人の気持ちを考えられるか。

現時点で資料を作ってみるのが良いと思います

今はまだ早い後でやろう、結果が出たらやろう、もっと成長したらやろう、先延ばしにしてもメリット薄くなりませんか?

数ある情報教材にハズレと言われるモノがあるとすれば

再現性が低い

コレに尽きると思います。

資料の中身が正確でしっかりしたものでも、旬を過ぎてしまい誰も利用しない事を綴っていても購入者からは再現性が低いからこの商材はダメだ!とのレビューを受ける事でしょう。

もし全てじゃなくても一定ラインの報酬まで行ける様であれば、この商材はスゴイ!となるはずです。もちろんライバルが増えればそれだけ報酬も分散するでしょうし、先に始めていたサイト有利なのは変わりません。上手いアレンジを入れたサイトが生き残っていく形になるでしょう。

これは情報をばらまいたからだけじゃなくて、そもそも周りも試していた手法がハマったからかもしれません。何もしなくても自分のサイトのライバルは増えていくかもしれませんし、誰かがソノ情報を販売して行くかもしれません。

だったら、旬がまだ残っているウチに自分でレポートなり資料を作ってみて販売してみては?

この先に自分もまだまだアフィリエイトで稼いでいくと考えると報酬経路は複数持ちたいですね。

初心者だからやらない!じゃなくてチャレンジする

半年、1年、2年と経過してから何かやろうとしても、初心者当時の資料なんてしっかり管理していないと紛失している可能性が多いです。

尚且つ、初心者の頃には覚える事が非常に多い。

作業量も駆出しの頃の方が極端に多く、悩む事、迷う事もかなりありました。

はっきり言って記憶が薄くなります。忘れたいくらいの忙しさになります。

ですが!人間は目標がしっかりあれば頑張れます。

  • しっかりした目標
  • 辿り着くまでのスケジュール
  • 定期的な軌道修正
  • 目標達成後のなりたい自分

この辺りさえしっかりしてれば、突っ走っていけるもんです。

ぶっちゃけ目標達成後のなりたい自分なんて本気で思っているかもしれない怠惰な自分でもいいんです。

  • 働かずにダラダラしたい
  • ずっとPCで遊んでいたい
  • 自由な時間で遊び歩きたい
  • 一日中ゲームがしたい

昔の何かのセリフでありましたが

怠惰を求めて勤勉になる

なんか身にしみる言葉でした。

  • アノ人に好きになって欲しいからガンバル
  • 恋人と一緒に居たいからガンバル
  • お小遣いアップして欲しいから給料アップの為にガンバル
  • 自分の遊ぶ時間の為に家族サービスをガンバル
  • 後輩にカッコつけたいから仕事をガンバル

意外と頑張る理由って人それぞれで他人から見るとくだらないかもしれません。

でも、それでいいんですよ。自分の理由は自分が分かっていれば十分です。

目標に向かって突っ走って、辿りついた時に、昔を振り返って詳細まで思い出せるでしょうか。

何か記憶を呼び覚ますトリガーって絶対必要ですし、自分が作ったナニカがあれば記憶って思いだし安いです。

自分が今以上に稼ぐ為にレポート等の資料を作る事も必要だと思っていますが、自分の軌跡を残していく為にも必要だと思っています。

最初に作るレポートは、今精一杯作っても後から見返すとショボク感じたりすることでしょう。でも、そこから第一歩なんです。

学校の授業でノートとりますよね?書いて覚えますよね?

PCでの作業では書いて覚える事は出来ません。タイピングだけですから(笑)

本当に欲しいモノはなんなのか

購入する側に立った時に、購買者が欲しいと思っているモノはナニかをしっかりと把握しておこう。

初心者向けに、ブログ作成のツールや導入しやすい手法にするのか。

中級者以上向けに、高度なテンプレやツール、マニアックな手法にするのか。

上級者向けに更に高度な所を攻めていくのか。

ダレに何を提供したいかによって作る商材は変わると思うが、ダレが何を欲しがっているのかが重要である。

もしLPや売り込み文句で煽って販売しても、レビューもイマイチであれば悪いウワサはドンドン広がってしまう。

そもそも詐欺商品ならしょうがないが、真剣に作成した商品であればターゲット選定を間違えているのではないか?との見方も出来る。

  • 初心者向けに作っていたが難しすぎて理解されない
  • 中級者向けに作成したが、当たり前の知識過ぎた
  • 上級者向けに作成したが、購入層自体が少なく売れない

作成したが売れない → 需要が無い のである。

違う層向けにマイナーチェンジしてあげれば需要と供給のバランスもとれるかもしれない。

初心者はナニが困るのだろうか。中級者まで行く頃に必要になるモノは何だろう。上級者はどんな情報が欲しいのか。

経験している事はわかるだろうが、まだまだ初心者です!と言う人は初心者向けに作る事しかわからないはず。そこからじっくり進めてみて、自分のランクアップと一緒に販売層も変えてみては如何だろうか。

売るという行為

そもそも売るだけで良いのか?と言う疑問もある。下手な鉄砲数打てば当たるだろうが、当てるまでに何回外す気だろうか。

外した玉が観客に当ったら目も当てられない。炎上してクレーム祭りである(笑)

下手な商品だけ売っているメーカーは顧客が付かず潰れていくのみである。

都会でも小さな個人経営のお店で生き残っている所はまだまだある。お客を大事にし、丁寧に良い商品を販売している。

お客様が全て神様なわけではない。

けれど、お客様の満足が次の成約につながり報酬に繋がっていくと考えれば、丁寧にわかりやすく使いやすい商材を作っていくのも良いではないでしょうか。

スポンサーリンク
レフタリング大
レフタリング大
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする